嘉美心 夏のこだわり頒布会2021 5月嘉美心 夏のこだわり頒布会2021 9月

2021年04月09日

嘉美心 夏のこだわり頒布会2021 7月

7月

7月にお届けするのは
「純米吟醸生一気カップ200ml 2本」

「山田錦 純米大吟醸原酒生酒720ml 1本」

「純米吟醸生酒720ml 1本」
です。

皆さんご存知でしたか?以前、嘉美心の夏の生酒は「すべて」凍らせていたのです!
これは「緩慢冷凍による酵母などの殺菌」に加え、「凍結状態で保管」する事で一年中フレッシュな状態をキープしてお客様にお届けするというコンセプトで大変好評を頂いていました。
ただ、じつはこれ、蔵人の隠れた努力のたまものだったのです!日本酒は、マイナスの温度環境でもなかなか凍りません。
これは「過冷却」という現象で、いくら-18度の環境でも衝撃を与えるなどして核を造ってあげないと凍らないのです。ではどうするか?
正解は「マイナス18度の冷凍庫の中で1本づつ振る!」10本20本ではなく、何百本何千本と振る これは、実はとても大変な作業でした。
※蔵の片岡浩二さんは毎年このおかげか(?) ムキムキでした!
でも廃番となったのは、片岡さんの50肩が原因ではなく、冷凍コストが膨大であったことで市場の価格帯に合わなくなった事、当時はお酒を冷蔵して保管する事が一般的でなかったうえ、酒屋さんに冷凍庫がない為、「結局解凍して販売する」もあり採算が合わなくなってしまったのです。
でも、蔵元直送の場合、凍結便で冷凍してお届けする事で、「みぞれ酒」等にして皆様とても楽しんで頂きました。

「山田錦 純米大吟醸原酒生酒720ml」
なんと!最高級の純米大吟醸をしぼってすぐに瓶詰めし、そのまま凍らせて保管したお酒です。しかもは当時なんと2000円くらいで販売していました。とんでもなく安く売っていた、今考えると寒気のする恐ろしい商品です。でも、なんで売れなかったのだろう、、、本当に???だらけの最高級品です。

「純米吟醸生一気カップ」
大人のかき氷として楽しめる「凍結生一気カップ」 これは大人気でした。夏の試飲即売会でも飛ぶように売れた大人気商品です。
シャリシャリ食べるもよし、ちょっと溶かしてかき混ぜてみぞれ酒として呑むもよし。夏にぴったりのお酒です。

「純米吟醸生酒」
現役世代からは「純米吟醸生酒」を今回お試しで凍らせてみました!灼熱の暑さの中で呑む(食べる)と本当にひと時の安らぎを得られます!



kamikokoroshuzo at 11:23│嘉美心頒布会 | 商品のお知らせ
嘉美心 夏のこだわり頒布会2021 5月嘉美心 夏のこだわり頒布会2021 9月