その他

2020年03月02日

あなたの知っている「冬の月」の魅力を教えて下さい!Part2 年明けエントリー部門発表!!

速報
お待たせしました!
冬の月 生誕20周年記念特別企画
あなたの知っている「冬の月」の魅力を教えて下さい!
Part2 年明けエントリー部門
結果発表!

冬の月ファンの皆様、お待たせいたしました。
「冬の月 生誕20周年記念特別企画 Part2 年明けエントリー部門」の各賞の審査結果が整いましたので発表いたします。
年明け以降もたくさんのご応募ありがとうございました。エントリー頂きました全国の冬の月ファンの皆様には心より感謝申し上げます。エントリー作品はいずれも個性に溢れる力作揃いで、各部門とも予想通り、今回も僅差の大接戦となりました。その中で見事、上位入選されました皆様、おめでとうございました。また、今回、「入賞枠」の都合上、惜しくも賞から漏れました皆様、本当に申し訳ありませんでした。ごめんなさい。また、今回は“選”からは残念ながら漏れましたが、“気づき”の多い“想いのこもった”作品も多々見られました。該当する作品に関しましては、公開の許可を頂戴した上で、いずれ何らかの形でご紹介させていただきたいと思います。
それでは各部門賞の発表です。

1 冬の月のある風景Ⅰ フォトコンテスト

【最優秀賞】
西森 友紀子様(東京都)  タイトル「無題」
西森友紀子様




 
【優秀賞】
 小野 敏幸様(岡山県) タイトル「二十歳の冬」
小野敏幸様
 


 吉村 芳明様(東京都) タイトル「新春の祝盃〜冬の月、観音に捧げて…」
 吉村芳明様


【佳作】
 箕輪 愛様(静岡県) タイトル「ブリのお刺身に山芋のワサビ漬けに柚子を添えたら冬の月」
  箕輪 愛様



2 冬の月のある風景Ⅱ イラスト絵画コンテスト

【最優秀賞】
 山内 美和様(広島県)
 山内美和様
【優秀賞】
 匿名希望( ペンネームchiha )様 (北海道)
 chiha様

 
岩崎 成美様(熊本県)
 岩崎成美様


【佳作】
 中條 倫子様(北海道)
 中條倫子様


 匿名希望K,Y様(東京都)
 KY様
3 私と冬の月 川柳コンテスト

【最優秀賞】
占部重幸様(北海道) 
「呑みましょう 誘う家内が 月を呼ぶ」

【優秀賞】
 松崎 あきえ様(埼玉県)
「家族との 節目を祝う 冬の月」
 江口 芳治様(埼玉県)
「何よりも 暮れの楽しみ 冬の月」

【佳作】
 中島 麦子様(青森県)
「どんな日も 笑顔になれる この美味さ」
 亀井 美保弘様(兵庫県)
  「白い息 やさしく照らす 冬の月」

【番外編】
 原科 伸哉様(神奈川県)
  「冬の月 飲んだらできた 愛娘」



4 お客様の声(応援歌)大募集

【最優秀賞】
 匿名希望H.Y様(北海道) 
 HY様


【優秀賞】
 匿名希望M.S様(東京都) 
MS様
 


 大村 誠男様(神奈川県) 
販店様名 = たまプラーザ東急百貨店
○冬の月について = このお酒はもう10年も前に、絶大な信頼をおいている酒屋の店主に、私好みのお酒を選んでもらった時に「この酒造はお米を大事に扱って、大事にお酒を造っています。きっと気に入ります」と紹介されたもの。以来、毎年末に探し回って入手しています。
食事の邪魔をしない、飲むほどに食べるほどに旨さを感じるお酒が好みです。決して飲み飽きない味わいに惹かれ、毎年楽しみにしています。
手に入れるのが困難になってきましたが、とても安価であるのが人気の理由のひとつだと思います。これからも良質なお酒を提供し続けてください。
公開方法 = 内容を公開しても良い


 匿名希望Y.Y様(北海道)  
○冬の月について = 数年前、お正月に呑むお酒を探して酒屋さんに行ったら、「冬の月」がありました。
お店の方に甘口か辛口かをお聞きしたら、「ここのお酒はねえ、『旨口』(うまくち)って言うのかしら。美味しいですよ」と薦めてくださったので、買って帰って、小さなバケツに雪を詰めて、瓶を入れて冷やして呑んだら、まさに『旨口』で、ついつい呑み過ぎてだいぶ酔っ払ってしまいました。
今年もあるかな、と思って、年末にお店に行ったら、ちゃんとあったので、お店の人と「これ美味しいですよね」「美味しいですよねえ」と言って、また買ってきました。
今年は雪が少なくて、バケツで冷やせなかったのですが、充分美味しく、封を切った一杯目は、桃の果汁を思わせる香りと口当たりで、ついつい呑み過ぎてしまいました。



【佳作】
 國場 佳代様(大阪府)  
 
國場佳代様

 花木 博文様(兵庫県)  
私が初めて冬の月を知ったのは、10年ほど前のことでした。
親しい某企業の方から、職場の皆さんでどうぞ、と「冬の月」一升瓶を私の勤務先に届けていただいたのです。私は「冬の月」の名を聞くのは初めてだったのですが、その方は、うまい酒と聞いて取り寄せたと言うのです。
私の勤務先は山の中、従業員のほぼ全員が自家用車通勤です。昔と違って今や勤務先で酒盛りは容易にできず、私はいただいた冬の月を冷蔵庫に入れて、懇親会等の機会を待つことにしました。
しかし私の職場の近傍には小さな冷蔵庫しかなかったため、その中に冬の月を冷やしても、一升瓶の冬の月が邪魔になり、誰かが外に放り出していたことは何度もありました。ようやく栓を抜く機会が巡ってきた時、なんと2年以上が経っていました。
勤務先にほど近い、近所では唯一の居酒屋で15名ほどの懇親会が開かれることになり、冬の月を持ち込ませてもらったのです。しかし冬の月は不適切な環境で2年以上も歳を重ねていましたから、傷んではいないか、古酒のような味になっていないかと、不安はありました。
その店には、酒持ち込みに粋なルールがありました。持ち込み料は取らない代わりに、店主に一杯ご馳走、というのです。
さて、高まる期待と一抹の不安を胸に栓を抜き、一口飲むと、これは美味い!柔らかいながらも豊かな味わいと、芳しい香り。周囲からも賛美の声が上がります。
そこに店長登場。約束通り一杯を献上しました。香りを嗅いで一口含み、しばらくの沈黙。これはいいですねと彼は呟きながらも少し首をかしげます。そしておもむろに一升瓶のラベルを見て、「これか・・」と指差した先には「白桃酵母」の文字。
えっ、白桃酵母?
あっという間に酒瓶が空になったのは、言うまでもありません。
そして翌年だったか、神戸の百貨店「そごう(現在は阪急)」で冬の月(四合瓶)を発見し購入しました。あの時の香りと味を楽しみに、わくわくしながらの一杯。しかし・・・どうもあの時の記憶とやや違うように思うのです。私の記憶が美化されていたのだろうか・・それとも年による味のばらつきか・・
その後の数年、そごう百貨店の店頭で見つけたら必ず買いましたが、かつての感動になかなか手が届きません。ある時ふと思い出したのが、意図していなかった2年の保存です。3年ほど前からは、2、3本買って1本目は我慢できずにすぐに飲み、2本目以降は冷蔵庫に入れず温度が低めの部屋に光を遮断して数ヶ月は置いてからいただくようにしています。少しは美味しくなっているような・・一度2年置いてみようかな。
来年も冬の月を楽しみにしております。


 穂積 秀明様(埼玉県)  ※FAX 受付No.18
 穂積秀明様

見事、入賞されました皆様、おめでとうございました。
ささやかな賞品ではありますが、ご笑納いただければ幸いに存じます。
本日は取り急ぎ審査結果のみの発表とさせて頂きます。
賞品の発送は順次行いますので到着まで今しばらくお待ち下さいませ。

【賞品】(各部門共通)
最優秀賞 「冬の月 特製前掛」プラス「特製フレーム入り 冬の月3Dラベル」
優秀賞  「特製フレーム入り 冬の月3Dラベル」
佳作   「冬の月 特製記念切手シート」



kamikokoroshuzo at 16:52|Permalink

2020年01月18日

あなたの知っている「冬の月」の魅力を教えて下さい! 結果発表!

速報

お待たせしました!

冬の月 生誕20周年記念特別企画

あなたの知っている「冬の月」の魅力を教えて下さい!

結果発表!

 

冬の月ファンの皆様、大変長らくお待たせいたしました。

記念すべき「冬の月 生誕20周年記念特別企画 各部門賞」の審査結果が整いましたので発表いたします。

たくさんのご応募ありがとうございました。エントリー頂きました全国の冬の月ファンの皆様には心より感謝申し上げます。エントリー作品はいずれも個性に溢れる力作揃いで、各部門とも予想通り、僅差の大接戦となりました。その中で見事、上位入選されました皆様、おめでとうございました。また、今回、「入賞枠」の都合上、惜しくも賞から漏れました皆様、本当に申し訳ありませんでした。ごめんなさい。また、今回は“選”からは残念ながら漏れましたが、“気づき”の多い“想いのこもった”作品も多々見られました。該当する作品に関しましては、公開の許可を頂戴した上で、いずれ何らかの形でご紹介させていただきたいと思います。

それでは各部門賞の発表です。

 

1 冬の月のある風景Ⅰ フォトコンテスト

 

【最優秀賞】

酒井 仁様(大阪府)  タイトル「猫も愛する冬の月」

酒井仁

【優秀賞】

 樋口 卓己様(香川県) タイトル「クリスマスと冬の月」

樋口卓己


匿名匿住所希望様    タイトル「グラスに移るリアル満月」

匿名



阿部 義藤様(千葉県) タイトル「柚子の満月」 
阿部義藤


  

【佳作】

 清水 隆様(神奈川県) タイトル「満月ボトルと満月餃子」

清水隆

 中村 教司様(長野県) タイトル「冬の月ストラップ」

中村教司_3

 

2 冬の月のある風景Ⅱ イラスト絵画コンテスト

 

【最優秀賞】

 匿名希望KY様(東京都)
匿名希望KY様(東京都)


【優秀賞】

 匿名希望UY様(埼玉県)

匿名希望UY様(埼玉県)

【佳作】

 平松 晃一様(岡山県)

平松晃一様

 

3 私と冬の月 川柳コンテスト

 

【最優秀賞】

上田博司様(兵庫県) 

「凍みる夜に ツキにあやかり 酒(ささ)を呑む」

【優秀賞】

 稲福千警様(広島県)

「又会えた 古稀に酌()む酒 冬の月」

 中川俊一様

「朧月(ろうげつ)や にごりと肴に 桃の香り」

奥 潤子様(大阪府)

「双手(りょうて) 掴みどりたし 冬の月」

【佳作】

 淺野 智文様(兵庫県)

「酔いの中 冬の月みて 大掃除」

 橋本 邦夫様(広島県)

 「冬の月 かじかむ指先 ポケットへ」

 

4 お客様の声(応援歌)大募集

 

【最優秀賞】

 牧内 輝昭様       

今、深夜の2時半、何年かぶりの夜勤を終えて帰宅、この時期にしては暖かいけれど、それでも還暦の体にはこたえます。令和元年最後の満月を2日ほど過ぎた月は少しいびつではあるけれど私の行く先を照らしてくれているようです。

「冬の月」を知ったのは、確か4年程前の今時分、それまで焼酎好きだった私は、いつもの酒屋さんでいつもの芋焼酎を購入し帰宅。翌日後輩に酒屋さんから頂いた何枚かのチラシを見せると、その1枚を見て「冬の月旨いんだよな〜」とポツリ。先輩予約して下さいの声にプレミア酒?なんて不純な思いを抱き2本注文した次第であります。年末に届いた「冬の月」は大晦日から正月三が日にかけて頂きました。九州生まれの私が日本酒党に変身したのは「冬の月」のせいでしょう😋 それ以来我が家の恒例行事となてしまいました。

甘うまで適度な酸味もありバランスがいいのが何とも言えません。旨い‼️

毎年同じ品質を確保する事は大変な苦労がある事でしょう。我ら辛党のために旨い酒を提供して下さる蔵の皆様に感謝申し上げます。

良いお年を😊



【優秀賞】

 匿名希望A.T様(北海道) 

AT様


 佐藤 寿幸様(神奈川県) 

やっと手に入れることができました。

初めて飲んだときの美味しかったことがまだ忘れられません。その時以来なので、今日手に入れるまでに数年間かかりました。

嘉美心酒造さんは、飲んだ感想とかをホームページに書き込みすると、お手紙にてお返事をくださいます。

その時封筒に入っていたのが、冬の月のミニチュアのキーホルダーです。今でもわたしのリュックサックに取り付けて頑張っています。こんな優しい酒蔵さんはないと思います。

自分で飲もうか、両親への感謝として

両親にプレゼントするか、悩み中です。


 H.Y様(兵庫県)         
5年前の正月、神戸の三社詣りで長田神社に参拝し、帰りがけに立ち寄った酒店(株)ユリヤさんで、深い色目のボトルにに三日月のラベルに惹かれ手に取り持ち帰りました。それが初めての出会いでした。それまでは淡麗辛口の日本酒を好んでいましたが、ひと口飲んだ時の衝撃、米の甘みとその爽快感で冬の月の虜となりました。


  【佳作】

 小川 智史様(兵庫県)  

 20周年おめでとうございます!

毎年この時期を楽しみにしています。

20年前は日本酒なんて、銘柄もわからず飲むこともなかったですが、冬の月に出会ってから世界が広がりました。

これからも歴史を重ねていってください!




 森 忠久様(埼玉県)   

 森忠久



以上。


見事、入賞されました皆様、おめでとうございました。

ささやかな賞品ではありますが、ご笑納いただければ幸いに存じます。

本日は取り急ぎ審査結果のみの発表とさせて頂きます。

賞品の発送は順次行いますので到着まで今しばらくお待ち下さいませ。

 

【賞品】(各部門共通)

最優秀賞 「冬の月 特製前掛」プラス「特製フレーム入り 冬の月3Dラベル」

優秀賞  「特製フレーム入り 冬の月3Dラベル」

佳作   「冬の月 特製記念切手シート」

 



kamikokoroshuzo at 17:15|Permalink

2019年11月16日

「牡蠣と共に育つ酒2019」終章

先日引き揚げた牡蠣筏に吊るしたお酒について元のお酒と比較をしながら利いてみました。


00100lPORTRAIT_00100_BURST20191105125653531_COVER
写真ではわかりにくいかもしれませんがお猪口に注いでみると筏に吊るしたお酒の方がやや色味が黄色みがかかっており、熟成が進んでいるように見えます。

さて、気になるお味の方は?
元のお酒が少しフレッシュで甘みが強く感じられるのに対し、筏に吊るした方は角がとれて甘みも少し落ち着きまろやかになっています。吊るした期間が約4ヶ月ということでどれほど熟成が進んでいるのかと不安もありましたが、かなりいい感じに熟成が進んでいました。

ただ一つとても大きな問題が。それは匂い。強烈な磯の香りが。
「海水が酒に入った訳でもなさそうなのになぜ?」と色々と検証してみた結果、スクリューキャップのスクリュー部分まで海水が侵入しており、パッキンで海水の侵入を防いでいることが判明。
お酒に海水が入ってはいないけどお酒を注ぐ時にこの瓶の縁にお酒があたり、においがうつっているということがわかりました。(試しにストローでお酒を吸ってみるとにおいはなかったです。)

一回開栓後に縁を拭いてからキャップを交換したら皆さんのもとにお届け出来るのではないかなどと色々と考えてみたりもしましたが、やはり嘉美心の「私達はお酒を造ることにおいてはメーカーですが生きる上では消費者です。だから家族の口に入れたくないものは作りません」という安全・安心への誓いに照らして今回の商品は出荷することは出来そうにありません。楽しみにしていてくださった方には本当に申し訳ないんですが今回は販売を中止させていただきます。

ただ、今回の結果から海中熟成の効果はとても高いことがわかりましたし、課題もしっかりと見えてきました。
来年もやることができるならキャップ部分を蝋などで封をしっかりとするなどの対策をして挑みたいと思います。
ここで今回は失敗に終わりましたがお詫びをかねて希望者様に富士壺がついた空瓶をプレゼントしたいと思います。

00100lrPORTRAIT_00100_BURST20191116120124252_COVER

それぞれ富士壺のつき方も異なり、味のあるものとなっていますのでもし欲しいという方は下記のメールアドレス、もしくはFacebookやtwitterのこの記事のページにコメントを頂ければと思います。数に限りがありますので応募者が多い場合は抽選になりますのであしからず。

E-mailでのご連絡はこちらから⇒ info@kamikokoro.co.jp


kamikokoroshuzo at 11:28|PermalinkComments(2)

2019年11月08日

牡蠣筏にお酒を引き揚げに行ってきました

夏に牡蠣筏にお酒を吊るしてから約4ヶ月。ついに先日引き揚げてきました!!

ちなみに牡蠣筏に吊るしに行ったときの記事はこちらから↓

内倉杜氏や、今回牡蠣筏にお酒を吊るさせてくれた三宅海産の三宅社長と「富士壺がついとればええなぁ」なんてひとしきり話をしたあとにいざ、牡蠣筏へ。
今回は社長の息子さんが船を出してくれました。

IMG_20191104_150313

海の男って感じでステキです

牡蠣筏に到着して内倉杜氏も満面の笑み!

IMG_20191104_150347

そしてさっそく引き揚げてみると

IMG_20191104_150634

「!?」

すごい。想像以上にすごい状態に絶句!!

ここで残念なことが一つ。今回3つのカゴを吊るしたのですが台風で一つ流されてしまったみたいです。自然が相手なのでいろんなことが起こるもんですね

カゴのネットを外して取り出してみると
MVIMG_20191104_172022

IMG_20191104_171946

しっかりと富士壺も付いてなかなかカッコいい!!想像以上の付着っぷりでした。
中身のお酒がどうなっているのかも気になります。
そちらについてはお酒をみんなできいてみてからまた後日お届けしますね。お楽しみに〜!


kamikokoroshuzo at 12:43|Permalink

2019年10月29日

岡山県最古(?)の蔵人に聞く今の時期に食べてほしい酒の肴

00100lPORTRAIT_00100_BURST20191028131541991_COVER

今日は岡山県最古(?)の蔵人であり、飯炊きの川﨑さんに今の季節に食べてほしい酒の肴を紹介するコーナーの第3回目です。
それでは早速いってみましょー!

ゲタのからあげ
ゲタとはフランス料理なんかでは「したびらめのムニエル」という料理などで出てくるお魚です。シタビラメというと高級そうに聞こえますが、ゲタは1枚150円程度で買える安くて美味しい魚ですよ。ちなみにゲタには「シャリゲタ(砂ゲタ)」と「赤ゲタ」があり、シャリゲタの方が身が固く川﨑さん的には好きとのことです。

IMG_20191022_200200
上の一枚が赤ゲタ、下の二枚がシャリゲタです。赤ゲタの方が少し赤っぽく、ウロコが大きいです。

「シャリゲタ」はウロコが小さいので皮を剥いで使い、「赤ゲタ」はウロコが大きく簡単に落とせるのでウロコをおとして皮ごと食べるとのことです。

今回はシャリゲタだったのでアマテの時と同様に白いお腹の方から皮一枚を残して頭を落として皮を剥き、内臓をとりました。

IMG_20191022_200502

こんな感じに。それから十字の切り口を入れて、から揚げ粉をまぶしてすこしじっくりと揚げれば完成。

00100lPORTRAIT_00100_BURST20191022204111023_COVER

レモンをかけて食べるととても美味しく、エンガワや尻尾もボリボリと食べれて止まらなくなるやつです。
川﨑さんにも報告をすると「お好み焼きソースはかけたんか?」と聞かれ「え?」ってなりましたが、寄島のあたりではお好み焼きソースやウスターソースをかけて食べるとのことでやり直すことに

00100lPORTRAIT_00100_BURST20191024203646112_COVER

お好み焼きソースをかけると一気にこってりとして別の食べ物に。これは好みが別れるかも。
「ゲタはセッキがうめぇ」と昔からいうそうでこれから寒くなってくるとどんどん美味しくなっていくみたいなのでぜひ試してみてくださいね。


サンマのタイタン(炊いたやつ)
サンマと言えば塩焼きにして大根おろしとっていう方が多いのではないかと思いますが川﨑さんはもっぱら炊いて食べるとのこと。理由を聞いたところ「(焼くより)めんどーがなぁけん(面倒くさくないから)」とのことです。焼くほうが簡単な気もしましたが、ほっとけばいいから楽だとのことです。

作り方は酒200ml、水150ml、醤油75ml、酢大さじ2、みりん大さじ1、砂糖大さじ3をひと煮立ちさせ、頭と内蔵をとり、適当に3つくらいに切ったサンマと薄切りにした生姜を入れて5〜10分程度煮れば出来上がり。骨まで食べたければ1時間程度煮たら骨まで食べれるようになるとのことです。

EFFECTS (1)
塩焼きとは変わって甘辛くこれまた日本酒によく合う。濃淳な旨味とジューシーな酸味もある寄島には最高です。
しかし、この料理真価を発揮したのはシメ。ご飯にほぐしたサンマと一緒に炊いた生姜を細切りにして煮汁をかけて混ぜて食べたらシメに最高でした!!

次回は寄島の2大海産物の牡蠣とワタリガニの季節なのでそのあたりのメニューが聞けたら嬉しいなと思っていますのでお楽しみに。


kamikokoroshuzo at 08:00|Permalink