その他

2019年10月11日

蔵人最後の休日

嘉美心では再来週の頭からいよいよ搾りも始まり、仕込みも2日に一本新たに仕込む「半じまい」という体制になり、休みなくフルスロットルでの仕込みが始まります。

そこで蔵人達は先週と今週で最後の趣味の時間を満喫してきました。
今日はそんな風景を少しだけご紹介します。(需要あるかな😅)

まずは片岡ヒロ課長と柚木さん。最近ヒロ課長がバス釣りにハマって二人で仲良く釣りにでかけています。仕事ではヒロ課長が上司ですが、バス釣りでは柚木さんが師匠の師弟関係です。この日も二人でバス釣りに行ってきました。ヒロ課長は35cmの大物を、柚木さんは45cmの池の主(?)を釣り上げるという大釣果でした。

IMG_7607
           ヒロ課長が釣った35cmブラックバス

20191011121320
           柚木さんの釣った池の主(?)

ツルさんは今年の夏に川﨑さんの友達からいただいたメダカをせっせと育てています。みゆきと呼ばれる珍しい白いメダカや錦鯉のようなメダカなどとてもキレイです。


EFFECTS


ツルさんは流石に育てるのが上手なのかまた子供が産まれそうと嬉しそうです。

私、石原もしばらくできなくなるかなと思い、燻製をしてきました。

IMG_20191005_055841

段ボールで冷燻器を自作してスモークサーモンとイカとタコの燻製を作ってみました。

00100lPORTRAIT_00100_BURST20191005183707379_COVER

燻製と日本酒の相性も抜群で酒がすすむ、すすむ😅

写真はないですが白神副杜氏は玉ねぎや白菜、大根を植えるために畑仕事に汗を流し、川﨑さんはスマホデビューを果たしたので使い方を勉強中です。
そして我らが内倉杜氏はというと今季の仕込計画や麹の管理などで蔵人達より一足早く本番モードに入っています。

ということでこれから酒造りも本番に入ってまいります。
蔵人も英気を十分に養いましたので、皆様に喜んでいただけるようにこれからフルスロットルで励んでまいります!今年もどうぞよろしくお願いいたします!!

IMG_20191011_130627




kamikokoroshuzo at 12:10|Permalink

2019年09月13日

日本酒の加水について

IMG_20190913_092514

今回は少しまじめな内容を。

今とある事件をきっかけに今まで日本酒に水を加えているということを知らなかったという方達の一部から、日本酒は「水増しを行ってるの?」といった疑問があがっているようです。
こういう話が問題になるのも発信がうまくできていなかった蔵元にも責任の一端があるのではと思い書かせていただきましたので、ご一読いただき拡散にご協力いただければ幸いです。

まず最初に一言

「日本酒の加水は決して水増しの為におこなっているのではありません。目指している酒質にする為におこなっています」

すみません。二言になってしまいましたが、これだけは理解してほしいです。

なぜ日本酒に加水を行うのかというと目指すべき酒質にする為です。
日本酒というのはお酒の分類としてはワイン等と同じ「醸造酒」という分類に入るのですが、日本酒は醸造酒の中でもかなりアルコール度数の高いお酒です。加水を行う前の日本酒というのはアルコール度数が18度前後あり、高いものでは20度近くあるものも。
これはワインのアルコール度数が12-13度程度なことを考えるとかなり高いことがわかると思います。

醸造酒ではないですが最近流行っている酎ハイ類の「STRONG〜」という高アルコールを謳っているお酒も9%程度のアルコール度数です。
日本酒がアルコール度数が高いのは日本酒独自の並行複発酵という醸造方法によるものですが、話の本筋から外れるのでここでは割愛します。

このアルコール度数の高い日本酒を飲みやすいアルコール度数(大体15度前後)に調節することが加水の主な役割になってきます。
また、加水を行っていない日本酒は味わいや香りもとても濃淳なので、それを目指すべき酒質に調節するという役割もあります。

また、加水を行う前の日本酒がいいという方も当然おられると思います。そういった日本酒は「原酒」や「無加水」として表記してあることが多いのでそちらを参考に選んでいただければありがたいです。

ただ、ここで言いたいのは

「加水をしているお酒がいいとか、原酒がいいとかそういうことではなく、それらは個々人の好みであったり、その時の飲み方に合わせて選んでいただければいいのではないかということ。また、我々蔵元としては目指すべき酒質があり、それに合わせて加水を行ったり、行わなかったりしており、決して水増しのためではないですよ」

ということです。

皆様のこの問題への誤解が溶けて、日本酒をより楽しんでいただければ幸いです。
長くなりましたが最後まで読んでいただきありがとうございました。


kamikokoroshuzo at 09:33|Permalink

2019年08月27日

ブログ引っ越しについて

いつも当蔵のブログを読んでいただきありがとうございます。

この度yahooブログのサービス終了に伴い、下記ブログへ引っ越しを

行うこととなりました。



明日以降はこちらにて更新していきますのでよろしくお願い致します。

また、過去記事についても引っ越し作業を進めてまいりますので

読めるようになった際はまた読み返して頂ければとても嬉しく思います。

これからも皆様の酒LIFEがすこしでも充実したものになるよう配信を

していきたいと考えておりますので今後ともどうぞ応援の程を

よろしくお願い致します。



kamikokoroshuzo at 13:34|Permalink

2019年08月08日

暑い夏にオススメ「ももふわ一口シャーベット」はいかが?

連日うだるような暑さが続いていますが皆さん元気でお過ごしでしょうか?

今日は嘉美心からそんな暑い日に食べたくなるような

冷た〜い大人のデザートをご紹介!!

イメージ 1

それがこちらの「ももふわの一口シャーベット」!!

作り方はかんたん

白桃リキュール「ももふわ」を製氷皿に入れて凍らせるだけ。

これで出来上がりです

ヒンヤリとした食感に、後から桃の香りと甘みがきてこれはハマります。

パクパクいっちゃいますよ。

また、かき氷器を持っている方はいちごかき氷の上に

この「ももふわの一口シャーベット」のせて一緒に食べてみてください。

イメージ 2

甘さが際だちワンランク上のかき氷になり、さらに美味しく食べれますよ。

これはホントにオススメです!!

番外編
今回「ももふわシャーベット」をご紹介しましたが、

試作する際に実はヨーグルトリキュール「とろりんグルト」も

並行して試作していました。

ちらは蔵で食べてみたところ好き嫌いのはっきり分かれる味。

苦手な人には「ウーン。。。」と言った感じですが

濃厚なヨーグルトの味がヨーグルト好きの人はハマったようです!

ヨーグルト好きな人は良ければこちらも試してみてくださいね

イメージ 3

嘉美心オンラインショップ「ももふわ」はこちらから↓

嘉美心オンラインショップ「とろりんグルト」はこちらから↓


kamikokoroshuzo at 13:35|Permalink

2019年07月30日

岡山県最古(?)の現役蔵人が教えるこの時期食べてほしい酒の肴


イメージ 4

嘉美心には川﨑さんという蔵人がいます。

この方は今までに5軒の蔵を渡り歩いている岡山でも最古の

蔵人に近い方で、内倉杜氏も頼りにする存在

この川﨑さんには別の一面もあります。それは数々の蔵で飯炊きとして

蔵人の胃袋を満たして来たということ。

そんな川﨑さんに今の時期に食べてほしい嘉美心のお酒とよく合う

肴を2品教えてもらいました

とてもかんたんなのでぜひやってみてくださいね

1.ネブトの唐揚げ

イメージ 3

テンジクダイやイシモチとも呼ばれるネブトを唐揚げにした

この時期の寄島では定番の食べ方です

作り方はかんたんでネブトを軽く水で洗い、キッチンペーパーで

拭いたのち、頭を切り、市販のから揚げ粉(水に溶かさないタイプ)

と一緒にナイロン袋に入れてカシャカシャと振って揚げるだけ。

骨ごとボリボリ食べることができて、お酒がすすむ、すすむ

価格もとても安くて会社の近くのスーパーでは

イメージ 5


これだけ入って、298円 酒の肴には最高ですよ

また余ったら三杯酢に漬けて南蛮にしても美味しいとのことですよ

2.ベイカの「てーたやつ」

イメージ 2


川﨑さん曰くべいかの「てーたやつ」

「てーたやつ」とは炊いたやつということでベイカの煮物のことです。

ベイカを塩もみしてから水で洗い流し、醤油、みりん、酒を大さじ1、

砂糖小さじ1、水1カップを混ぜて沸騰させたものに入れて5分程度

中火で煮れば完成。

まるごと食べるのでイカの旨味をしっかりと感じることが

できて酒のあてにたまりません

川﨑さんの「そんなもんしゃーあるか(そんなもの気にする必要ない」

という言葉が飛んで来そうな気もしますが、気になる人は目玉やワタ、

軟骨は取り除いてから調理してくださいね。

こちらは余ったら一晩くらいおいて天ぷらにすると美味しいとのことです。

イメージ 6


確かに味がしっかりしみててこちらもウマウマでした

イメージ 1

今回はこちらの肴に「特別純米 寄島」をあわせてみました

地元寄島の肴にはこのお酒がよく合います

みなさんもぜひ作ってみてくださいね

寄島のご購入はこちらから↓



kamikokoroshuzo at 10:13|Permalink