【酒粕無料プレゼントキャンペーンについて重要なお知らせ】嘉美心秋の酒蔵即売会【2020年9月19日、20日】

2020年08月18日

「牡蠣と共に育つ酒」2年目の挑戦!!

皆さんは昨年嘉美心でひっそりと開始されたあるプロジェクトのことをご存知ですか?

そのプロジェクトとはこちら

71bc492a.jpg

「牡蠣と共に育つ酒」!!これは牡蠣に種付けを行う時期に牡蠣筏に吊るし海中熟成をさせた日本酒と、この日本酒と一緒に育ち大きくなった牡蠣とを共に飲んでもらおうというもの

日本酒は海中熟成することで波による振動の影響で通常の10倍程度熟成が早く進み、味と香りがまろやかになると言われています。
また、嘉美心酒造のある寄島町は岡山県内でも牡蠣の養殖で有名な港町。
寄島産の牡蠣は少し小ぶりですが味が濃厚で美味しいと有名!!
これらを組み合わせて食べると思うと

「ジュルリッ!!」それだけでよだれが出てきそう。

しかし、昨年はスクリューキャップから海水が侵入した形跡があり海の匂いが酒に移ってしまうというトラブルがあり、皆様のもとへお届けすることは残念ながらできませんでした。

ただ熟成はかなりいい感じに進んでおり、「落ち着いたまろやかな味わいになっており、4ヶ月でこれほど熟成が進むのか」と驚かされました

そして今年はその反省を活かし、2度目のチャレンジです!!キャップ部分にはシーリングワックスを使い、一本一本手作業で封をしてから挑みます。

MOV_0024_exported_17925_1597727799440

ワックスで封をした瓶はこんな感じです!!

DSC_0059

この瓶に藤壺がついたところを想像するとなかなかロマンチックではないですか

ちなみに去年水揚げしたばかりの瓶はこんな感じです。

IMG_20191104_171946

さて、瓶の準備もできたので今年も三宅海産さんにご協力を頂いて牡蠣筏に吊るしに行ってきました。

三宅海産さんと一緒に


牡蠣筏へ向けて

港を出て数分で牡蠣筏が見えてきました。

牡蠣筏

約半年ぶりに牡蠣筏を見るけどやはり大きくてびっくり
この大きな牡蠣筏は6年で新しいものに作り直すとのことです。
しかも三宅海産さんでは6台の筏を所有しているとのことなので毎年1台作り直しているとのこと。なかなか大変そう
今回もこの筏にしっかりと吊るさせてもらい、3〜4ヶ月熟成を行いたいと思います。
牡蠣筏3

牡蠣筏2

どんなお酒になるか期待しながら待っていきたいと思います。
皆様も期待してお待ち下さいね




kamikokoroshuzo at 14:55│Comments(0)

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

【酒粕無料プレゼントキャンペーンについて重要なお知らせ】嘉美心秋の酒蔵即売会【2020年9月19日、20日】