「夏の蔵元こだわり頒布会」のご案内父の日に!! 22酒造年度大吟醸36本限定販売

2020年04月30日

嘉美心「夏の蔵元こだわり頒布会」インタビュー

現在、ご予約受付中の「夏の蔵元こだわり頒布会」について
企画者である営業部部長の小山にどんな想いで今回の頒布会を企画したのかインタビューしてみました。
ちなみに今回の頒布会は嘉美心でも人気の3種類のお酒にアレンジを加え、通常版と飲み比べができるようになっています。
内容としては
①「特別本醸造 秘宝」を生原酒に
②「純米低アルコール酒 木陰の魚」をスパークリングに
③「備中流大吟醸」をあらばしり原酒に

頒布会チラシ(2枚目)


それでは、インタビュースタートです。

IMG_20200430_150555 (1)

Q.今回の頒布会は「夏の頒布会」ということですがどのような想いで今回の頒布会を企画しましたか?

小山「まず、今回の頒布会は夏にお届けするということに決まったので、暑い時期に呑んでもらうということをコンセプトにしました。
スパークリングや日本酒の夏の代名詞「生酒」などですね。
また、頒布会については常に『特別なものを届けたい』という気持ちで作っています。
その想いが強すぎて手間がかかる商品になってしまい、蔵人達からは少し嫌な顔をされてしまいますけどね(笑)
でも普段呑めないお酒を飲んでいただくことができるというところに頒布会の意味があると思っているのでここは譲れません。
そして、それが嘉美心にとってチャレンジとなり、嘉美心の成長にもつながるので一石二鳥と思っています。」

Q.「今回この3種類にした理由を教えて下さい?」

小山「秘宝は弊社のロングセラー商品。木陰の魚は若い層に絶大なる人気の商品、備中流大吟醸は弊社ではめずらしい辛口タイプのお酒。
今回はこの個性溢れる3商品にフォーカスをあててみました。(個人的にも興味がすごく
あったもので、、、(笑))」

Q.この3種類に今回のアレンジを加えようと思ったのか?

小山「まず最初にこの企画案が浮かんだ瞬間に秘宝の生原酒が思い浮かびました!以前より蔵人から「もろみを搾ってすぐの生酒の秘宝は格段に美味い!」とよく耳にしていたので、この企画案が浮かんだ瞬間にこのお酒は即決しました。
また、木陰の魚を「スパークリング」にしたのは、ワインのような果実酒を想わす木陰の魚にアレンジを加えれば、それこそ和風シャンパンになるな。と思いチャレンジしました。
弊社のスパークリング商品で「しゅわしゅわ」というお酒がありますが、しゅわしゅわよりアルコール度数が高く、より面白い逸品に仕上がると思います(*^^*)
最後に、備中流大吟醸は、やや辛口でキレがよくサラッと呑めるこのお酒を濃い原酒で呑んだときにどうなるのだろう?という興味心から挑戦してみようと思いました。
さらに贅沢にあらばしり使用でフレッシュさが加わってるので、もう期待しかありませんね♪」

Q.最後にみなさんに一言お願いします

小山「今回は頒布会史上最高のできになっていると思っています!!ぜひ購入して味わってみてくださいね」

今回は限定150セット、締切は5/11となっていますのでお早めにご注文をお願いします

ご注文はこちらから↓
https://store.shopping.yahoo.co.jp/kamikokoro/8013178.html



kamikokoroshuzo at 14:44│商品のお知らせ 
「夏の蔵元こだわり頒布会」のご案内父の日に!! 22酒造年度大吟醸36本限定販売