お待たせしているあの商品の仕込が始まりました🌙牡蠣筏にお酒を引き揚げに行ってきました

2019年10月29日

岡山県最古(?)の蔵人に聞く今の時期に食べてほしい酒の肴

00100lPORTRAIT_00100_BURST20191028131541991_COVER

今日は岡山県最古(?)の蔵人であり、飯炊きの川﨑さんに今の季節に食べてほしい酒の肴を紹介するコーナーの第3回目です。
それでは早速いってみましょー!

ゲタのからあげ
ゲタとはフランス料理なんかでは「したびらめのムニエル」という料理などで出てくるお魚です。シタビラメというと高級そうに聞こえますが、ゲタは1枚150円程度で買える安くて美味しい魚ですよ。ちなみにゲタには「シャリゲタ(砂ゲタ)」と「赤ゲタ」があり、シャリゲタの方が身が固く川﨑さん的には好きとのことです。

IMG_20191022_200200
上の一枚が赤ゲタ、下の二枚がシャリゲタです。赤ゲタの方が少し赤っぽく、ウロコが大きいです。

「シャリゲタ」はウロコが小さいので皮を剥いで使い、「赤ゲタ」はウロコが大きく簡単に落とせるのでウロコをおとして皮ごと食べるとのことです。

今回はシャリゲタだったのでアマテの時と同様に白いお腹の方から皮一枚を残して頭を落として皮を剥き、内臓をとりました。

IMG_20191022_200502

こんな感じに。それから十字の切り口を入れて、から揚げ粉をまぶしてすこしじっくりと揚げれば完成。

00100lPORTRAIT_00100_BURST20191022204111023_COVER

レモンをかけて食べるととても美味しく、エンガワや尻尾もボリボリと食べれて止まらなくなるやつです。
川﨑さんにも報告をすると「お好み焼きソースはかけたんか?」と聞かれ「え?」ってなりましたが、寄島のあたりではお好み焼きソースやウスターソースをかけて食べるとのことでやり直すことに

00100lPORTRAIT_00100_BURST20191024203646112_COVER

お好み焼きソースをかけると一気にこってりとして別の食べ物に。これは好みが別れるかも。
「ゲタはセッキがうめぇ」と昔からいうそうでこれから寒くなってくるとどんどん美味しくなっていくみたいなのでぜひ試してみてくださいね。


サンマのタイタン(炊いたやつ)
サンマと言えば塩焼きにして大根おろしとっていう方が多いのではないかと思いますが川﨑さんはもっぱら炊いて食べるとのこと。理由を聞いたところ「(焼くより)めんどーがなぁけん(面倒くさくないから)」とのことです。焼くほうが簡単な気もしましたが、ほっとけばいいから楽だとのことです。

作り方は酒200ml、水150ml、醤油75ml、酢大さじ2、みりん大さじ1、砂糖大さじ3をひと煮立ちさせ、頭と内蔵をとり、適当に3つくらいに切ったサンマと薄切りにした生姜を入れて5〜10分程度煮れば出来上がり。骨まで食べたければ1時間程度煮たら骨まで食べれるようになるとのことです。

EFFECTS (1)
塩焼きとは変わって甘辛くこれまた日本酒によく合う。濃淳な旨味とジューシーな酸味もある寄島には最高です。
しかし、この料理真価を発揮したのはシメ。ご飯にほぐしたサンマと一緒に炊いた生姜を細切りにして煮汁をかけて混ぜて食べたらシメに最高でした!!

次回は寄島の2大海産物の牡蠣とワタリガニの季節なのでそのあたりのメニューが聞けたら嬉しいなと思っていますのでお楽しみに。


kamikokoroshuzo at 08:00│その他 
お待たせしているあの商品の仕込が始まりました🌙牡蠣筏にお酒を引き揚げに行ってきました