日本酒の加水について蔵人最後の休日

2019年09月26日

岡山県最古(?)の蔵人に聞く今の時期に食べてほしい酒の肴

IMG_20190926_100649


岡山県最古(?)の蔵人であり、飯炊きとして数々の蔵人の胃袋を満たしてきた川﨑さんに今の時期に美味しい酒の肴を教えてもらうこの企画。
単発の企画の予定でしたがご好評につき第二回目をお届けします。


アマテの唐揚げ


IMG_20190920_210700

メイタガレイと全国的には呼ばれることが多いこちらのアマテ。「アマテは大きいのはてーて食うたら(煮物にして食べたら)美味いけど、こまいのは揚げて食うのが美味い」とのことで唐揚げに。
「アマテを食うたら他のカレイが食えんくなる」という川﨑さんに、ツルさんこと片岡さんも「アマテは味が濃いけん、普通のカレイじゃ物足りんくなる」とお気に入りの様子。

作り方はアマテの頭を腹側(白い側)から皮1枚残して切り、頭を持って皮を剥き、内臓をとって市販の唐揚げ粉をまぶして揚げるだけ。

00100lPORTRAIT_00100_BURST20190924202159937_COVER


身がホクホクでメチャウマです!!これはハマること間違いなしです。
と思っていたらさらに、骨ごと食べるのも美味しいと教えてもらい、そちらも作り方を教えてもらいました。作り方は同じく頭を切るのですが、こちらは切り落としてしまいます。内臓を取り出して洗うところは同じですが、その後真ん中に切れ目を入れてそこから骨に沿って下の写真のように開きます。

IMG_20190920_211306

裏面も同様に開きます。ここが違うだけでこちらもあとは市販のから揚げ粉をまぶして揚げるだけ。骨まで食べれるように少ししっかり目に揚げてください。

IMG_20190920_214233

こちらはしっかり揚げているのでホクホクというより骨ごとカリカリ食べれておつまみに最高です。
こちらには嘉美心 心シリーズの「純米吟醸」を合わせてみました。唐揚げのしっかりした味をスッと流してくれるので相性も抜群ですよ。


ギギの三杯酢漬け

ギギはケッケやヒイラギとも呼ばれる魚。川﨑さん曰く「ギギはこまーて(小さくて)食べれるところは少なーけど、うめぇ魚じゃ」とのこと。煮物にして食べても美味しいみたいですが、焼いてから三杯酢に漬けて南蛮にするのが川﨑さんのオススメ。
作り方は焼いて三杯酢に漬けるだけとこちらも超カンタン。

00100lPORTRAIT_00100_BURST20190925191704905_COVER

ギギの濃い味に香ばしい香り、酸味が加わってとても美味しく、川﨑さんの奥さんが言う「魚ではこれが一番美味しい」との言葉にも納得です。
ギギの三杯酢漬けには今が旬の「旨口ひやおろし」を合わせてみました。
ギギの味わいとお酢の酸味にひやおろしの旨味が広がりますよ。

ということで今回も川﨑さんから2品の作り方を教えてもらいました。
みなさんも作ってみてくださいね。

今回ご紹介した商品は下記リンクから購入できますのでぜひそちらもよろしくお願いします。

嘉美心 心シリーズ 純米吟醸↓
1800ml
https://store.shopping.yahoo.co.jp/kamikokoro/1010305.html

720ml
https://store.shopping.yahoo.co.jp/kamikokoro/1010306.html



kamikokoroshuzo at 10:15
日本酒の加水について蔵人最後の休日