2019年09月11日

冬の月も今年で20歳!!感謝を込めた特別記念企画を実施します

00100lPORTRAIT_00100_BURST20190917091419488_COVER


嘉美心の中でもひときわ人気が高く、根強いファンの多い製品「冬の月」!!
人によっては「嘉美心は知らないけど冬の月は知ってる」という方もおられるのでは。
そんな冬の月も今年の仕込みで20歳を迎えることになりました!!
こうして20年間仕込み続けることが出来たのは冬の月を愛してくださるお客様、冬の月について一緒に取り組んでくださる酒販店様のおかげです。心より御礼申し上げます。
そこで今年の仕込みでは冬の月の成人(お酒だから成酒?)のお祝いと今まで支えてくださった皆様への感謝の気持ちを込めて

"20周年特別記念企画

 「四季折々の冬の月」"

を行うことになりました。

これは今まで冬の月の応援メッセージでも多くあった「冬にしか飲めないのが残念」や「夏の月なんていうのもあったらおもしろいんじゃない?」というお客様の声も参考にさせていただきました。
今まで冬にしか飲めなかった冬の月を1月、3月、6月、9月と季節に応じた味わいの特別な「冬の月」を蔵出ししようという企画です。

それでは具体的なラインナップをご紹介させていただきます。

第1弾

②3D

「冬の月 純米大吟醸無濾過生酒 Real Winter Moon」
価格:2500円(720ml化粧箱入)価格は税別
蔵出し日:2020年1月8日(成人の日に間に合うよう店頭販売予定)

こちらの商品は冬の月と同じ仕込方法で精米歩合を50%にした大吟醸タイプのお酒です。冬の月らしいフレッシュさを残しつつもより華やかな香りを楽しんでいただけますよ。
また、このお酒はラベルが3Dラベルとなっており、見る角度によって冬の月の超レアバージョン満月ラベルに変わるというツキを呼び込むお酒にもなっています。

そして冬の月20周年ということで成人の日に間に合うように蔵出しをいたします。これから成人を迎えるお子様やお孫さんなど大事な方への記念の贈り物としても最適ですよ。

第2弾
「冬の月 瓶内二次発酵にごり酒 Cherry Blossoms」
価格:3250円(1800ml)、1620円(720ml)価格は税別
蔵出し日:2020年3月中旬

冬の月 春

桜が舞い散る雅なラベルの春バージョンの冬の月。桜の舞い散る様を思い起こさせるようなにごり酒です。こちらは瓶内2次発酵による微発泡感と白桃酵母に由来する「甘みと苦味」を兼ね備えた純米吟醸酒です。
春のお花見に皆さんで一杯なんていかがですか?

第3弾
「冬の月 爽やか純米吟醸 Midnight Summer Version」
価格:3250円(1800ml)、1620円(720ml)価格は税別
蔵出し日:2020年6月中旬

冬の月 夏

こちらのお酒は夏のうだるような暑さでもスイスイと飲みたくなるようなアルコール14%の爽やかな夏バージョンの冬の月です。純米吟醸原酒ながら透明感のあるスッキリとした飲み口が特徴です。

第4弾
「冬まで待てない冬の月 20th  Anniversary」
価格:3250円(1800ml)、1620円(720ml)価格は税別
蔵出し日:2020年9月初旬

冬まで待てない冬の月_1800ml冬まで待てない冬の月_720ml


3季をまたいで冬の月が円熟した旨味がさながら月と地球との間の無重力空間を旅して来たような神秘的な味の広がり。一年間を通しての冬の月の集大成としての熟成の醍醐味を味わってみてください。
ラベルは他の冬の月とは異なり「月面から地球を臨む」デザインとなっています。また1800mlではクールなデザイン、720mlでは月のうさぎの入った可愛らしいデザインになっています。あなたはどちらが好みですか?

ということで冬の月20周年特別販売商品についてご紹介させていただきました。
ここで最後に注意点が一つ。この企画は冬の月をご愛飲くださっているお客様への感謝と共にいつも冬の月の販売に一緒に取り組んで下さっている酒販店様への感謝も込めた企画になります。

そこで今回ご紹介した商品は今、冬の月をご購入いただいている酒販店様から購入していただきたく思っています。
ですので蔵元からの直接の販売は原則として行わない方針です。ご興味いただいたお客様はまずは昨年まで冬の月を購入していただいていた酒販店様へのお問い合わせをお願い致します。

また、どこに問い合わせたらいいかわからないという方は蔵元までお気軽にご一報ください。お近くでお取り扱いしていただいている酒販店様をご紹介させていただきます。


kamikokoroshuzo at 16:21|Permalink商品のお知らせ 

2019年09月10日

秋のミニ蔵祭りご来場いただきありがとうございました

今回は湿度がとても高く、スタッフも開場前からシャツが汗でビッショリという暑い日でしたが、そんな中ご来場いただいたお客様本当にありがとうございました。

初めてご来場いただいたお客様から「こんなに集まるなんて何で広告してるの?」なんて
驚きの声もいただいたりと、今回の蔵祭りもたくさんのお客様にご来場いただき大賑わいでした。
これもひとえに嘉美心を愛して毎度ご来場くださる皆様のおかげです。改めてありがとうございます。
そんなこんなで長期熟成大吟醸の限定酒は開場30分もしないうちに完売してしまい、


IMG_1104

今回初めて設置したガチャガチャも用意しておいた100個が完売するような状況でした。



IMG_1122

他にも定番コーナーでは試飲ブースでは相変わらずの途切れることなく人だかり、


IMG_1175

ふるまい甘酒も11時頃には品切れで今回初のタピオカ甘酒もかなり早い段階で売り切れました。

新コーナーの「お酒とつまみの食べ合わせ体験」も一回目は満員にて受付を締め切る賑わいぶり。初めての取り組みなので少しバタバタとしてご迷惑をおかけしたりもしましたが楽しんでいただけたようです。

日本酒バーも定着してきたのか「今回の新作を」とか「前美味しかったからとりあえず全種類」なんてご注文されるお客様も。

00100lPORTRAIT_00100_BURST20190909160251541_COVER

これにはスタッフもびっくりしましたが全種類並んだところを見て笑いながら「ばえるわね〜」と言って買っていってくださいました。




IMG_1238-1

最後は恒例のボランティアスタッフと一緒にパシャリ!!
いつも蔵祭りの度に駆けつけてくださるボランティアのみなさん今回も本当にありがとうございました!!
これからもお願いすることも多々あると思いますが一緒に皆さんに楽しんでいただける蔵祭りづくりにご協力いただければ幸いです。


kamikokoroshuzo at 14:09|Permalink蔵祭り 

2019年09月06日

「秋のミニ蔵祭り」絶賛準備中

あさってはいよいよ「秋のミニ蔵祭り」です!!
現在嘉美心では最後の準備中!

そんな準備風景をちらっとお見せしますね。

こちらは今大流行中のタピオカを使用したタピオカ甘酒を準備中です。
IMG_20190906_140607

甘酒ということで作っているのはもちろんツルさんこと
タピオカ浩二さん!!
じゃなかった。片岡浩二さんです!!
初めての試みなので悪戦苦闘しながら頑張っていますよ。


続いてこちらは会場の設営風景です。

看板を取り付けたり

IMG_20190906_133225

内倉杜氏が椅子の設置にと大忙し

20190906準備風景

そしてこちらでは初登場の「お酒とつまみの食べ合わせ体験」の準備風景です。

牛すじ煮込みを仕込んだり

00100lPORTRAIT_00100_BURST20190906170137272_COVER

スモークチーズをいぶしたりと順調に進んでいます。

IMG_20190906_170638

ということで順調に準備も進んでいっていますので楽しみにお待ちくださいね。


kamikokoroshuzo at 17:23|Permalink蔵祭り